一枚板のテーブルをお部屋に置こう

天然の木から作られる一枚板のテーブル。一本の木から作られたテーブルだからこその良さがそこにはあるでしょう。やはり1本の木から作ったものだからこそ、その木目も大変きれいに活かした作りになるでしょう。その木目も途切れることなく、きれいにテーブル表面に現れており、大変美しい仕上がりになっています。リビングやダイニングなどみんなが集まる場所で使用する事で、より一層その良さを実感することが出来るのではないでしょうか。使い心地も抜群で、存在感たっぷりになっています。見た目も大変美しく、使用していると肌馴染みが良く使いやすくなっています。木のぬくもりを直接感じる事が出来るので大変使い心地が良いものになっています。また、一枚板ならではの重厚感があるので使っていて嬉しくなってしまう様な作りになっています。是非そんな素敵なテーブルを使用しましょう。

職人が時間をかけて大切に作る一枚板のテーブル

広々とした大きなダイニングテーブルには誰もが憧れますよね。中でも特に人気なのが、天然の木から作られた一枚板のテーブルです。実は一枚板のテーブルを作るのには、かなりの手間と時間を要します。切り出されて平らになった木は、徹底的に乾燥させるために、数年間寝かされるのが一般的です。水分が少しでも残ってしまうと、割れてしまったり、その湿気で曲がってしまったりします。中には、10年、20年も乾燥に費やすものもあります。これだけ手間暇かかっていたら、高級なのもうなづけます。一枚板の魅力は何といっても美しい木目です。木のどの部分が最も美しいかによって、使われる部分が選ばれます。これはまさに職人技。時間をかけて、大切に作られたテーブルは、暖かい雰囲気を感じられる安らぎの空間を演出するのにピッタリです。食卓もより楽しい場所になるでしょう。

一枚板のテーブルの特徴は

一枚板のテーブルが魅力に感じるのは、板と板を貼り合わせて作られたものではなく、樹齢が長年経ってる周囲の長さが長い丸太から作られた、テーブルです。特徴としては、切り取った所の木目がはっきりと見えることです。一枚板のテーブルを作るには、縦にまっすぐ伸びた木であることが重要です。太い丸太を横に切ると、丸いテーブルが作れて、しかも年輪がくっきり見えるので、年輪で何年経った木なのか、わかるようになってます。一枚板ですと、一本の木をカットしたものなので、重量感があり、リビングに置いてあると、木から自然の魅力を感じることが出来ますね。木の表面に木を保護するものを塗ってあるので、長く使用することが出来るテーブルです。木のテーブルで食事をすると、キャンプ場などで食べてるかのような雰囲気が感じます。中には、形がいびつなものも売ってますが、一本の木から作ったという証拠なので、インテリアとして購入をしたくなりますね。